こんにちは。

岡山県でHP制作をしております、Linoaの丸田です。

先日、若い整体師さんとお話しする機会があったのですが、
その方はTwitterとインスタだけで、1ヶ月20人の新規顧客を獲得されているそうで、びっくりしました!

最近は特にインスタ集客に力を入れている企業やお店が多く、
私も本を何冊も読みましたが、うまく取り入れることができればかなり集客できるツールだなと感じています。

でも、インスタで毎日どんなことを発信すればいいのか分からない・・

っていう人も多いかと思いますので、

この記事では、地域店舗における、インスタ集客のコツをご紹介したいと思います。

①ハッシュタグを極める

インスタで最も大事なのが「ハッシュタグ」です。

ハッシュタグとは、

#美容院岡山
#ラーメン岡山

など、SEOで言う検索キーワードのようなものですが、
GoogleのSEO検索と違うのは、「スペースを入れない(入らない)」というところです。

2語以上一緒に検索したい時も、スペースを入れずくっつけて検索します。

このハッシュタグがと~~~~っても重要で、

インスタでいくら良い発信をしても、ハッシュタグをつけないと、まったくフォロワーは増えないし、だれにも見てもらえないんです^^;

で、このハッシュタグ、どんな言葉をつければいいのか?というと、

地域の店舗の場合は、

#岡山
#倉敷
#総社
#早島

など、地域名がついたハッシュタグが必須です!

だって、東京の人が見ても、岡山までなかなか来てくれないから^^;

で、この地域名を入れるのと同時に、一緒にサービス名も組み合わせたりします。

#美容院倉敷
#整体岡山

こうすることにより、ピンポイントでそのサービスを探している人に投稿を見てもらえるのです!

ちなみに、ハッシュタグは30個までつけることが可能なので、いろんなキーワードを組み合わせてつけるようにしてみてください。

②ユーザーのためになる投稿を発信する

次に投稿の内容です。

いくらハッシュタグをしっかりつけても、肝心の投稿に中身がなければ意味がありません。

自分のお店にはどんなサービスや特徴があって、行くことによりどんな結果が得られるのか

ということを伝えることが大事です。

そして、フォローしてもらうには、アカウントに興味を持ってもらわないといけないので、ユーザーにとってのお役立ち情報も発信する必要があります。

他にもいろいろありますが、必要な投稿をまとめると、

  1. お店のサービスや特徴
  2. サービスを受けることによるメリット
  3. ユーザーへのお役立ち情報
  4. お店のスタッフの個人的な日常の投稿

こういった内容をバランスよく投稿する必要があります。

最後の④の個人的な日常の投稿は、そのお店のスタッフがどのような人なのか?

親近感を持ってもらうために、個人的な投稿も少し挟んだほうが良いです^^
プライベートでお茶をしている写真や、趣味のことでもなんでもOKです!

どれかに投稿が偏るのではなく、いろんな種類の投稿をまんべんなく更新してください。

③同じ地域に住んでいるアカウントに「いいね」をしていく

インスタの投稿のところの♡マークを押すと、その投稿に「いいね」をつけることができます。

このいいねをつけると相手に伝わるので、自分のお店を知ってもらい、興味を持ってもらえる可能性が高くなります。

その時、地域店舗の場合は、お店の地域と同じところに住むユーザーにいいねをしていくとよいでしょう。

例えば、倉敷のお店の場合、

#倉敷

と検索し、出てきた投稿の中から、自分のお店に興味を持ってくれそうなユーザーに「いいね」を押していきます。

この作業、地味にめんどくさくて忘れがちなので、毎日何時はインスタのいいね時間!と決めて行うのをおすすめします。

※インスタは、いいねの1日の上限が500件までとされています。
立ち上げ初期のアカウントで、一気にいいねを押したりフォローしすぎると、凍結してしまうので、
あまりやりすぎないようにしましょう。

まとめ

以上、今回は、まず初めに取り組みやすい3つの方法についてお伝えしました。

これ以外にもまだストーリー機能や、動画投稿など、いろいろあるのですが、
まずは基本をマスターしてから応用に進みましょう(*^-^*)